読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飼育されているものであれ、野生であれ、動物に対する認識のいいかげんさ

今は分からないけれど、旭山動物園でも見せ方が現在のかたちになる以前、餌を与えないでくれと注意が出ているのにもかかわらず餌をあげる人が居た。

くま牧場とか餌をあげてよい所は、専用の餌を用意しているものだし、犬猫でさえ人間の食べる物は調味料や添加物などがあって、人間には大丈夫でもペットには身体に悪いからあげてはいけないというのは、ペットを飼う上での現在の一般常識だと思う。

注意やお願いを聞く気が無いモラルやマナーのない人は、どこにでもいるのだなと悲しく思う。

高校時の宿泊研修で登山したときも、野生のキタキツネにお菓子を与えたりする子もいたし、野生動物にあげちゃだめと注意しても「いいじゃん、それくらい」なんて認識で、注意した方が恨まれたこともある。

動物に好き勝手に人間の食べる食べ物を与える人は、人間の食べる物の味(お菓子など)を覚えて、人間を恐れずに近づいてくる野生動物(ヒグマも例外ではない)がいて、お菓子欲しさに襲われたらと思うと怖くてできないと思うんだが、自分さえ襲われなきゃいいんだろうなと思わないでもない。

■「動物は人を楽しませる道具じゃない」 胃からビニール、キリンの死伝える看板が話題に 園長に聞きました

(ウィズニュース - 05月12日 07:02)